男の人

汚染がドンドン進む地球を労わる【残土処理で環境を守ろう】

掃除が大変なエアコン

空調

業務用エアコンを利用する企業は多く、飲食店や商業施設などでは空調設備として取り入れられています。しかしホコリが溜まると不衛生なので、業者に依頼して綺麗に掃除してもらうことが大切です。

詳細を確認する

コストを抑えて導入する

重機

ふるい機を使用することによって、産業廃棄物と土を簡単に分類しておくことができます。レンタルで導入することも可能なので、コストを抑えて導入したいという場合にぴったりです。

詳細を確認する

企業が行なうエコ活動

工事

建物を建てる時などは基礎を作るために土地の整備が必要になります。新たな土地の開発を行なう時なども同様に、ショベルカーなどで土を掘って建設現場の基礎を作ることが一般的です。掘削してあまった土は残土処理を行なうことで安全性を高めることが出来ます。建設場では様々な塗料などを使用することがあり、そういった資材によって土が汚染されてしまうことがあるのです。ただ作業を行なうだけでは環境汚染が深刻化してしまうため、丁寧に残土処理を行なうことが企業の義務だと言えます。残土処理を行なうためには専用の機材が必要になるのですが、それを用意するとなるとかなりのコストがかかります。中小企業などはレンタルサービスを利用するのも悪くありません。企業向けの作業機器は中古品も販売されているので、安全で衛生的な作業を行なうためにも適切な機器を導入しましょう。

土質が悪い場合は作物を育てることが出来ません。地球の資源には限りがあるため、建設現場などで掘削された土もしっかり再利用することが大切になります。土質を改良することが出来れば様々なシーンで再利用することが出来て環境に優しいと言えます。粒子を細かく分別し専門的な方法で汚染を解消することは残土処理と言い、多くの企業が実行しています。残土処理を徹底的に行なうのであれば専門業者の協力を得ることも大切です。専用機器のレンタルや中古販売などを行なっているような業者を探してみると良いでしょう。産業を活性化させるためには企業が環境に対して真摯に向き合う必要があります。汚染がドンドン進む地球を労わるべきなのです。

試しに操作してみる

ヘルメット

振動篩機には様々な種類があるので、それぞれの操作方法や機能性、価格を踏まえて選んでいくことが必要です。なお、どのように使うのかを知りたい場合は試しに操作してみると良いでしょう。

詳細を確認する